RIZAP(ライザップ)は、一番価格が安い基本プランのボディメイクコースでも298,000円かかります。

ライザップをやってみようかなと興味をもった人でも、料金がネックとなって躊躇している人も少なくないでしょう。

たしかに、2ヶ月間ジムに通う価格と考えるとちょっと高く感じるかもしれません。

でも、例えばこれが、 30万円で自分のこれからの人生をいい方向に変えられる としたら、どうでしょうか?

 

高いか安いか、その価値観は人によって違ってくると思いますが、的に自分の人生が変わるのであれば、一概に高いともえいないように思います。

今回はそんなライザップとお金の話について考えてみたいと思います。




ライザップはなぜ高いのか?

結果に対する費用をいただくという考え

もちろん、高額な料金を設定しているのには理由があります。

通常のトレーニングジムで、トレーナーは対象者がジムに来たときだけアドバイスを行うといった感じだと、確かに全16回で入会金をふくめ30万円以上の料金だと確かに高いかもしれません。

 

ライザップの場合、ゲストと1対1で向かい合うパーソナルトレーナーがキーパーソンとなるわけですが、単にパーソナルトレーナーだから高いわけではありません。

 

ライザップの考えは、 「トレーニングすること」に対してフィーをいただく会社ではなく、「理想の身体と自信を手に入れていただく」ということの対価としてフィーをいただく という信念に基づき、各ゲストと向き合っているというもの。

つまり、トレーニングの過程に重きをおいているのではなく、あくまで「結果」を何よりも重視しているわけです。

 

ゲストの数字的な目標と、その先にある本当の目的(痩せて結婚したい、彼女がほしい、子供を驚かしたい、着られなくなった昔の服をまた着たい ETC.)を実現するのがライザップの使命です。

そのためには、結果を出すことに本気でコミットする覚悟のあるトレーナーがいる。それには、マンツーマンでなければいけない。というわけで、個別トレーナーがありきなのではなく、 結果にコミットするための逆算から、1対1のパーソナルトレーナーという仕組みになった のです。

 

担当トレーナーは、週2回のトレーニング日での指導、アドバイスはもちろん、毎日3回ゲストから送られてくる食事画像のチェックし、食事面やメンタル面のアドバイスなども手掛けます。

つまり、トレーナーはトレーニングだけを提供するのではなくそれ以外の時間もフル活用して、ゲストと向かい合っているわけです。

 

そうなると当然一人のトレーナーが担当できるゲストの数は限られ、通常よりも多少費用が高くなるというわけです。

料金が高いのは結果にコミットするから⁉︎

料金が安く、100回トレーニングを受けられるとしても、それで結果が何も得られないのであれば、あまり意味はないように思います。

逆に、極端な話、 1回のトレーニングでも成果が出れば、安くて成果の出ないジムの100回分の料金がかかっても、ユーザーの満足度は高いでしょう。 

 

RIZAPの考えを端的に表現すると、「結果にコミットしてくれるところを選びますか?」ということになります。

つまり、結果をコミットしてくれなくて安価なところを選ぶか、対価を払って確実に結果を手に入れられるところを選ぶか。ライザップはあくまでも 「結果を提供している会社」で、「プロセスを提供している会社」ではない ということです。

 

その自身があるから、成果を感じなかったときの返金制度を設けているわけで、逆にゲストの立場からすると、実際にやってみてまったくもって意味がないと感じたのであれば、その理由を述べ、返金制度を利用して止めればいいと思います。

投資をすると人は能動的になる

ここまでは、RIZAPの費用が高い理由について書いてきました。

決して無駄に高いわけではなく、トレーニング日に限らず、各ゲストとの個別対応を手がけるトレーナーの存在などを考えると、極端に高いわけではないことが理解いただけたかと思います。

 

で、ここからは費用を払うゲスト側の気持ちの側面を考えてみたいと思います。

本気だとお金を払う

例えば、英語学習を始める場合で考えてみます。

英語を身につけたいなと思い、いろいろ勉強法を探った結果、ひとまず自分一人でも進められるし、本屋さんで良さそうなテキストを一冊買ってきたとします。

 

その行動自体、意味がないわけではないし、それで成果を出す人もいるでしょうけど、大半の人は日々の生活に忙殺されて、目に見えた成果が上がったりしない限りは、そのうちにページを開かなくなるのではないでしょうか。

 

一方で、ネイティブの先生とマンツーマンで行う1回5千円とか、1万円とかのスクールに通ったとします。

それで最終的に成果が出るかどうかは別にして、それ相応の費用をかけたんだから、頑張ろう!というモチベーションにはなっていると思います。

というか、その意気込みがあるからこそ、それなりの費用のかかるスクールに申し込んだとも言えるかもしれません。

お金を払うと意気込みが違ってくる

人間とは不思議なもので、ある程度お金を払うと、意気込みも違ってきます。

 これだけ払ったんだから頑張ろう、最低でも払った分は取り戻したい、何かを得たい と考えるので、無料の教材などに取り組んでいるときとはやる気も違ってくると思います。

 

トレーニングジムの場合もまさにそんな感じで、例えば24時間いつでもOKのジムに申し込んだけど、そのうちにあまり行かなくなったという話をよく聞いたりしませんか?

それほど料金も高くないし、仕事の合間の行けるときに通おうと考え、最初の頃は週に1回、2回通っていたけど、なんだかんだ忙しくて行くのが面倒になり、足が遠のいてそのうちに退会するといったケースです。

 

一方、RIZAPの場合、16回コースでも1回の費用は頭割りすると2万円以上。

さすがに適当にズル休みすることはなくると思いますし、そもそもきちんと通えるかを確かめてから申し込みをすると思います。

パートナーとなるトレーナーの存在

また料金から来る精神的な意気込みだけでなく、ライザップの場合、目標に向かって二人三脚で取り組むパーソナルトレーナーの存在も大きいように思います。

会って軽く挨拶をするくらいのトレーナーとかではなく、自身の担当として毎回のトレーニングで向き合うほか、期間中毎日メールで食事を報告し、そのアドバイスを受けているので、いやでも新密度は高まります。

 

そうなると、面倒だから今日の予約はキャンセルしようなんてことにならないのはもちろん、逆に能動的にジムに通うといった姿勢につながっていくわけです。

まとめ

 

メタボ猫さんのように、そうは言ってもまだちょっと不安があるという方は、無料カウンセリングでその不安や疑問をぶつけてみてください。

まずは第一歩を踏み出すところから始めましょう!

 

⇩⇩⇩公式サイトはこちら⇩⇩⇩

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。