最近、お腹が出てきた!? ちょっと走っただけで息切れがすごい。

下半身に肉がついて、これまで履いていたパンツがきつくなった・・・。

 

 

社会人になって飲みに行く機会が増えたり、不規則な生活が多くなったりしたことで、若いころに比べて体重が増えている30代、40代の方は少なくないでしょう。

 

学生のときのようなスリムな身体を取り戻したい! 

そんなあなたの目標をしっかりサポートし、成果をあげてくれるのが、「結果にコミットする」のテレビCMでのおなじみのRIZA(ライザップ)です。

 

99%のダイエット成功に導く、ライザップのプログラムの特徴は下記の3つになります。

 

「筋力トレーニング(筋トレ)」
「低糖質食事法」
「トレーナーによるマンツーマンのメンタルフォロー」

 

 

ひとつずつ見ていきましょう。

ライザップの「筋力トレーニング(筋トレ)」

ダイエットに筋トレは必要なのか?

ライザップでは入会後、週2回を目安とした筋トレの時間が設けられます。

1回が50分。個室で専属のトレーナーの指導のもと、一対一でトレーニングを行なっていきます。

 

女性や年配の方などそれぞれの体力が考慮されるほか、「目標とするスタイル」などによってプログラムが作成されます。

 







この筋トレに意識的に取り組む=「筋肉を守る」という考えが、従来のカロリーや食べる量を減らすダイエットに欠けていた視点で、そこを重視したのがライザップの特徴ともいえるでしょう。

また、ライザップは単にダイエットを目標とするのではなく、ゲスト(ライザップでは顧客のことをこのように呼んでいます)が求める理想の身体づくりをめざします。

 

 

キレのある筋肉質な身体、やわらかみのあるシャープな身体など、理想は人によってさまざま。

そのボディメイクの際に重要になってくるのが、「筋肉をどうつけていくか」という視点で、身体のデザインにメリハリが出るようにするためにも、筋トレは重要というわけなのです。

 

⇩⇩⇩公式サイトはこちら⇩⇩⇩

 ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

ライザップの「低糖質食事法」

ざる蕎麦よりステーキの方がダイエットにはいい!?

ライザップに通い始めると、トレーニングの指導はもとより、日々の食事に対しても徹底した指導が行われます。

 

 

それが低糖質食事法で、簡単にいうと、トレーニング期間中、糖質の多い食事をすべてオフにすることを指します。

 







 

 




 

この低糖質食事法と筋トレを組み合わせたプログラムによって、ライザップでは多くの人がダイエットに成功しているというわけです。

 

⇩⇩⇩公式サイトはこちら⇩⇩⇩

 ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

 

ライザップの「トレーナーによるマンツーマンのメンタルフォロー」

メンタル面もケアしてくれるトレーナーの存在

ライザップに入会すると、一人ひとりのゲストには担当トレーがーがつきます。

トレーナーは、筋トレのプログラムをつくったり、対面でのトレーニングを補助してくれたりするほか、ゲストのメンタル面も含めてトータルにケアをしてくれる存在。マンツーマンであなたをサポートしてくれます。

 

 

素人が独学でトレーニングするのに比べ、効果と目的をしっかりと把握した上で専門のトレーナーが指導すれば、正しく、効率良く身体が鍛えられます。

また、トレーニングをプロに補助してもらって、正しいフォームで行うことができれあ、身体への負荷が減るといううメリットもあるでしょう。

 

それにプラスして、食事のアドバイス、メンタル面のケアと、さまざまな角度からゲストを支えてくれるライザップのトレーナー。

その一人ひとりは「ライザップアカデミー」という独自の社内研修を受け、トレーニングに必要な知識と技術を習得しています。

 

結果を出すため」に必要なトレーナーにはどういった人材が必要なのか。

それを会社自体が徹底的に考え、理想とするための教育制度を確立し、プロフェッショナルのトレーナーを輩出しているのがライザップの強みとなっているわけです(ちなみに、ライザップのトレーナー採用率はわずか3.2%。それくらい厳選し、適した人材を育成しています)

まとめ

ダイエットの成功率99%を誇るライザップの強みは、

「筋力トレーニング(筋トレ)」
「低糖質食事法」
「トレーナーによるマンツーマンのメンタルフォロー」

この3つであることがわかっていただけたでしょうか。

 

この強みが取り入れられたプログラムを実践することで、気になるお腹まわりの肉が解消されるのはもちろん、理想とするボディを手に入れることができるのです!

 

⇩⇩⇩公式サイトはこちら⇩⇩⇩

 ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。