ラーメン、チャーハン、カレー、パスタ、うどん、カツ丼、ハンバーガー。

ライザップでNGとされている糖質の高いメニューって、どれもみんな美味しいですよね。

僕も大好きです。

 

さらにいうと、値段的にも安く、サラリーマンのランチの強い見方す。

そんな外食チェーンがライザップ中いっさい使えないとなると、不便だし、経済的にも痛いですよね。

 

でも、安心してください。 糖質カットのダイエット中でも、牛丼チェーンでもファミレスで食べられるメニューはいろいろとあります! 

具体的に見ていきましょう。

 

無理なく、低価格で低糖質のランチを実践

ファストフード店は抵糖質のランチの強い味方!

▲ダイエット中ご飯はNGだけど、牛丼チェーンでもOKなメニューも。

 

とりあえずライザップではご飯がNGということで、めぼしい定食、さらに丼ものはすべてダメ。

だから、街中にあるファストフードのチェーン店には足を運べないと思っていませんか?

 

実際はそんなことはなく、糖質ダイエット中もいろんなお店を活用できますし、糖質コントロールを意識している人用のメニューも近年では増えてきています!

 

サイゼリアなど、ファミレスはライス抜きで

 

CHECK!>>外食OKなダイエットジムはライザップ!【公式サイト

ライスを豆腐に!? 松屋のおろし豆腐

 

 

すき家では「こんにゃく麺」を使用したロカボ商品が登場

画像:すき家ホームページより

 

CHECK!>>外食中心でも続けられる!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩

ライザップ公式サイト】はコチラ

単品注文可能な大戸屋

おいしく、健康的な定食で人気の大戸屋。

定食にはご飯、お味噌汁などがついてきますが、メインの料理だけを定食の180円引きの価格で単品注文することも可能です。

 

 

 





モスバーガー「モスの菜摘シリーズ」

餃子の王将でも抵糖質な食事は可能か?

 

▲麻婆豆腐はOK。気分転換に王将に行くのもいいかもですね。

 

CHECK!>>外食中心でも続けられる!!【ライザップ公式サイト

ガスト、ジョナサンの糖質0麺は販売中止!?

糖質制限ダイエットに取り組んでいる人に心強い味方だったガスト、ジョナサンの糖質0麺。

好評を博していましたが、同チェーンを展開する(株)すかいらーくレストランツの自主検査において、微量ながらも糖質(100g中あたり2g以下)が含まれていることが判明し、2017年5月に販売が中止となりました。

 

「糖質0麺 」販売 中止 のご案内

※お客様センターに問い合わせたところ、現在(2017年7月)再開のメドは立っていないようです。

 

コンビニで食べられるものは?

最後に、外食じゃないけど、サラリーマンやOLさんがランチにもよく使うコンビニを見ておきましょう。

ライザップがファミリーマートと共同で商品開発した低糖質のパンやケーキをはじめ、ダイエット中にも食べられる商品はいろいろあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

定食でご飯が食べられないのは慣れるまでは辛いかもしれませんが、 意外といろんなメニューが糖質カット中でも食べられる ことがわかったと思います。

 

たとえば、今回ご紹介した松屋、サイゼリア、すき家、大戸屋、モスバーガーを順番に回ったとしても、週5回バラエティに富んだものが食べらます。

会社の近くにそんなにいろいろないよという場合は、会社付近の通えるお店を週に2回ずつくらいにしたり、たまにコンビニ食や低糖質を意識した自前の弁当を持参したり、そうすることで飽きのこないランチが楽しめるでしょう。

 

というわけで、ライザップ中のランチも安心ですね!

無理なく、気軽に低糖質のメニューを食べながら、理想の身体づくりをめざしましょう!!

 

CHECK!>>外食中心でもダイエットが続けられる!ライザップ公式サイト