ライザップ中に友だちとの飲み会や、仕事のおつきあいなどが発生することもあるでしょう。

「ダイエット中なんでお酒は・・・」と断っても、上司や同僚には逆にはやしたてられたりして、強引に連れて行かれたりもしますよね。

 

 

でも、大丈夫!

ライザップ中でも食べてもいい居酒屋メニューは意外と多いですし、お酒も焼酎、ウイスキー、テキーラなどの蒸留酒であれば飲んでもかまいません

具体的に見ていきましょう。

ライザップ中に飲んでいいお酒は蒸留酒

上で書いた蒸留酒は飲んでも大丈夫ですが、飲み過ぎには注意です。

筋肉を壊したり、肝臓の働きを弱めたり、満腹中枢が鈍くなって食べてしまったり、ボディメイクを進める上でいろいろな支障が出てしまいます。

 

ちなみに、糖質が入っているビールや日本酒などの醸造酒の摂取はダメなので気をつけましょう。

【関連記事】

ライザップの糖質ダイエット中、ビールなどのお酒は飲んでもいいの?

 

 

▲居酒屋の定番のひとつ、ハイボールは飲んでもOK!

 

 

⇩⇩⇩公式サイトはこちら⇩⇩⇩

 ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

ライザップ中に食べてもいい居酒屋メニュー

食べてもいいメニュー

◎ 焼き魚

西京漬けや照り焼きは、みりんなどの糖質が使われているので、オススメは塩焼きです。

◎ 刺身

赤身、白身、甲殻類などなんでも大丈夫。大根のツマは糖質がやや多いので注意しましょう。

◎ だし巻き

卵料理も良質のたんぱく質。味付けは甘くなく、だしを利かせたものがいいでしょう。

◎ サラダ

根菜は糖質が多いので、葉物野菜を中心に。ドレッシングではなく、マヨネーズが使うのがオススメです。

◎ 焼き鳥

甘辛いタレには糖質がいっぱいなので、塩を選びましょう。砂肝やレバーもOKです。

◎ 豆腐料理

低カロリーでヘルシーな豆腐料理。冷奴や湯豆腐は、塩や醤油であっさりといだきましょう。

◎ あらびきソーセージ

たんぱく質たっぷりの低糖質食品。衣がついたアメリカンドッグはNGですよ。

◎ 青菜のお浸し

葉物野菜は、ビタミンやミネラルも豊富な低糖質食材です。

◎ 厚揚げ

シンプルに焼いてあるだけのものがベスト。醤油や七味唐辛子をかけて食べましょう。

◎ 枝豆

居酒屋料理の定番で、スピードメニューの枝豆。低カロリー、高たんぱく質で食物繊維も豊富です。

 

気をつけたいメニュー

✖️ ポテトサラダ

イモ類の中でも糖質の多いジャガイモはカロリーも高めで、極力控えましょう。

✖️ バターコーン

食物繊維は多いですが、トウモロコシが高糖質食材なので、控えたいメニューのひとつです。

✖️ モロキュウ

キュウリ自体は低糖質食材です。ただし、梅肉がついているとお高糖質食になってしまいます。

✖️ モツ煮込み

たんぱく質は多いですが、甘辛い味付けで煮込まれるので、糖質は高めになっています。

▲モツ煮込みは味付けで高糖質になってしまうので、控えましょう。

 

まとめ

居酒屋では、糖質が高い食材を避けるのはもちろん、味付けや調理方法でNGになってしまうメニューもあるので気をつけましょう。

逆にいうと、食べられるものも多く、居酒屋は単品でメニューが注文できるので、意外と利用しやすかったりもします。

 

 

というわけで、ライザップ期間中、飲み会が発生したときも大丈夫!

上司や同僚のお誘いを無理に断る必要もありません。

 

万が一不安がある場合、ライザップのスタッフに電話で問い合わせたら注意点などを聞くことも可能なので、不安な場合は利用するのもいいでしょう。

 

ビールは飲めないけど、時にはライザップ期間中に居酒屋に行き、同僚や友人と食事をするのもいいかもですね。

 

⇩⇩⇩公式サイトはこちら⇩⇩⇩

 ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。